院長 伊藤の紹介

ゆう歯科クリニック 院長

こんにちは。院長の伊藤裕章です。

歯科医師
伊藤裕章
生年月日
1961年9月11日 AB型
学 歴
1974年 名古屋市立 吹上小学校 卒業
1977年 名古屋市立 北山中学校 卒業
1980年 名古屋市立 緑高等学校 卒業
1986年 愛知学院大学 歯学部歯学科 卒業
経 歴
1986年 名古屋市中区 記念橋歯科 勤務
1994年10月3日 ゆう歯科クリニック 開業
2015年10月4日 ゆう歯科クリニック 移転


生まれは東京都。放送局に勤める父の関係で転居を繰り返し、幼稚園入園前に名古屋市昭和区に落ち着く。
写真は、三鷹市の社宅の台所。


小学校では、水泳、鉄棒が苦手で、徒競走はいつもドベ(ビリ・最下位という意味の名古屋弁です)だったが、図画工作は誰よりも上手だった。
写真右は兄。兄も歯科医師となり名古屋市中区で開業している。同じ歯科医師として一生の相談相手となる。


中学高校では、プラモデルに熱中し、クラシック音楽を聞きながらプラモデルを作ったり、油絵を描く、元祖“オタク”。
そのプラモデル作りの徹底ぶりを見た両親から、歯学部への進学を勧められる。
社会の先生になりたかったため国公立文系クラスに入っていたが、急遽方針転換。愛知学院大学歯学部に滑り込む。


歯学部では、左利きであるため実習の授業で苦戦し、休みの日には、右手に箸を持ち豆を運ぶなど、右手を自在に使う訓練を重ねる。
部活は弓道部。歯科学生全国大会に3年生から6年生まで連続出場し、団体優勝に貢献。
しかし個人タイトルには恵まれず、最高記録は5年生の4位に終わる。


国家試験合格後は、兄の歯科診療所に7年間勤務して、歯牙保存の基本を学ぶ。
また、各種学術講習会に関わり、咬合の大切さを知る。


先祖や仕事のつながりなど、さまざまなご縁があり、名古屋市西区にてゆう歯科クリニックを開業。
最初はスタッフ3人でのスタートだったが、その後、患者さんやスタッフ、歯科技工士、恩師や先輩後輩、両親、そして家族に支えられて現在に至る。