予防的治療

予防的治療とは

予防的治療とは、C0やC1と呼ばれる極めて初期のう蝕(虫歯)や、う蝕ではないけれど、将来う蝕になりやすい奥歯などの表面の溝を埋め、う蝕が進行しないようにする処置のことを予防的治療といいます。

処置を開始する時期は、乳歯が萌え揃う2歳ごろから、永久歯が萌え揃う12歳ごろまでが最も効果的です。
その後、定期的な健診で経過を観察していき、必要であればその都度、処置を繰り返していくことで、よりいっそうの効果を期待できます。

「虫歯」(う蝕)はこちらからLinkIcon

シーラント

初期のう蝕や、生まれながらにある噛み合わせ面の溝を埋めることで、虫歯の進行を防ぎます。
予防効果が極めて高いのが特徴です。

ほとんど歯を削らないため、歯や精神的に受けるダメージが少なくすみます。

ゆう歯科クリニックでは、GC社製の「FUJ III LC」というグラスアイオノマーセメントを使用しています。
グラスアイオノマーとは、歯科用セメントの一種で、 主成分アルミノシリケートグラスが、フッ素を長期間にわたり放出するというメリットがあります。
つまり、お口の中に虫歯予防成分が長くとどまり、虫歯予防によりいっそうの効果があるということです。

お口の中で光を照射して固めますので、すぐに食事をすることができます。
味も臭いもありません。
また、セメントの色は歯の色とほとんど同じですし、自然な歯と同じようにすり減っていきますので、シーラント材料としては理想的です。

▲ ページトップへ

フッ化物塗布

フッ化物を歯の表面に塗布することにより、う蝕の予防をします。
半年に1回、塗布することで、十分な虫歯予防効果が期待できます。(*2016年4月より「中2ヶ月以上あけて行うこと」と決められています。)

ゆう歯科クリニックでは、サンスター社製の「バトラー フローデンフォームN」を使用しています。
この材料は、1ml中に20.0mgのフッ化ナトリウムを含んでおり、高濃度酸性フッ素リン酸溶液が、よりいっそうの虫歯予防効果をもたらします。
泡状なので、シーラント処置が行えない歯の平面部分にも使えます。

塗布後30分は、飲食ができません。
お口の中のすみずみまでフッ化物を行き渡らせ、虫歯予防の効果を発揮させるためですので、ご理解ください。

2016年4月よりフッ化物塗布の健康保険要件が緩和され、以下の条件のいずれかが揃っていれば、保険でフッ化物の塗布を行うことができるようになりました。

  • 1.一定数の虫歯治療やシーラントが行われていること(13歳未満)
  • 2.エナメル質に白濁があること(年齢制限なし)

フッ化物の塗布は、中2ヶ月以上あけて行うことと決められています。
また、上記の条件に満たない場合は保険外診療で行います。
(保険外診療の場合、1口腔あたり1,000円)